日本生態系協会

日本語English

トップページ > 日本生態系協会とは? > ごあいさつ

ごあいさつ


公益財団法人日本生態系協会
会 長 池谷 奉文

  昨年は、「環境と開発に関する国連会議(地球サミット)」が開かれてから四半世紀を迎え、持続可能な社会づくりを考えるうえで一つの節目となる年でした。

 この間に、世界の多くの国々では持続可能な社会づくりへ向けて舵が切られてきました。20年以上前から自然再生の取り組みを着々と進めてきた欧米だけでなく、近年は隣国を見ても、中国では「生態文明」という言葉で自然環境の保護・再生が国の土台として明確に位置づけられています。また韓国では順天(スンチョン)湾で10年以上前から市と環境保護団体が、一緒に進めてきた湿地の保護・再生の取り組みの成果が着実に現れ、海外からも注目を集めています。

 私たちの生活は自然の恵み(生態系サービス)によって支えられています。私たちは、今まで目先の経済的な利益を追い求めすぎ、その大事な自然を多く消失させてきてしまいました。日本でも、現代および将来の世代が健全な生活を送ることができるように、持続可能な社会づくりを推し進めていくことが必要です。

 持続可能な社会を実現していくうえでは、豊かな自然を守りつないでいくエコロジカル・ネットワークの考え方が有効です。各市町村において、残された貴重な自然を計画的に公有地化して守り、または再生することが重要です。こうした取り組みは、少子高齢化や人口減少が進み、利用されなくなった土地が全国各地で多く発生して問題となっている今、とくに好機を迎えていると言えます。そして、そうした活動を河川の流域全体や、さらに国全体の規模にまで広げていくことが、真に豊かな地域づくり、国づくりへとつながります。

 私たちの協会は本年も、皆様と連携しながらエコロジカル・ネットワークの取り組みを全国各地ですすめ、国際的に求められている持続可能な社会に向けて積極的に活動してまいります。

 最後になりましたが、皆様方の益々のご健康とご多幸を心よりお祈りいたしますと共に、本年も変わらぬご支援・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。



平成30年1月

池谷奉文プロフィール

【主な職歴】
  • 公益財団法人日本生態系協会会長
  • 公益社団法人日本ナショナル・トラスト協会会長
  • 公益財団法人埼玉県生態系保護協会会長
  • 自然再生専門家会議委員
  • 国土審議会特別委員
  • 社会資本技術開発会議委員
  • 河川水辺の国勢調査アドバイザー
  • 埼玉県環境審議会委員
  • 獣医師 他
  • 【講師歴】
  • 環境省、国土交通省、農林水産省、経済産業省、
  • 文部科学省関係団体、各都道府県行政機関、
  • 市町村行政機関、全国の大学、教育関係団体、
  • 各種団体、企業 他
  • 【著書】
  • 美しいくにをつくる新知識
    -持続可能なまちづくりハンドブック-(ぎょうせい)
  • 環境を守る最新知識〔第2版〕(信山社)
  • 学校・園庭ビオトープ
    -考え方 つくり方 使い方-(講談社)
  • 環境教育がわかる事典 (柏書房刊)
  • 日本を救う「最後の選択」 (情報センター出版局) 他
  • Copyright(C)2011 Ecosystem Conservation Society-Japan All Rights Reserved