日本生態系協会ECO-JAPAN

日本語English

トップページ > 協会の活動 > ビオトープの保全

ビオトープの保全

川のビオトープの再生や、イヌワシの森林ビオトープの保全など、私たちの生活を支えるビオトープをたくさん将来世代へと受け継ぐためのさまざまな取り組みを続けています。

このほかに、さまざまなビオトープづくりや人材の育成を支援しています。



学校ビオトープ

子どもたちが、地域の自然をお手本に、多くの生きものが暮らすことができるよう工夫しながらつくった場所。魅力的な実践例を紹介する、秋篠宮同妃両殿下をお迎えしての全国学校・園庭ビオトープコンクールの開催や、つくり方や使い方の相談にも応じています。




園庭ビオトープ

幼稚園・保育園に設けた、生きものが暮らすことができる自然の場所。幼児たちは日々そこで自然とふれあい瞳を輝かせます。この園庭ビオトープのつくり方や使い方、先生を支援し、全国に広める取り組みを進めています。




ビオトープガーデン


家庭の庭やベランダで気軽に始められる、いちばん身近なビオトープ。生きものが一休みしたりエサを探したり…「小さな場所でも大切な自然」をまちじゅうに増やす取り組みをしています。




ビオトープ管理士資格試験

ビオトープを守り再生するのに必要な専門知識を持つ、ビオトープ管理士の資格の認定を1997年から行っています。




こども環境管理士資格試験

自然との触れ合いは、子どもたちの豊かな感性や協調性を育みます。こうした自然を活用した保育環境づくりを実践できる保育者を認定する、こども環境管理士の資格試験を行っています。


Copyright(C)2011 Ecosystem Conservation Society-Japan All Rights Reserved