(財)日本生態系協会 編集・発行
2.0

1.ハビタット利用に関する既存文献情報

 1 概要

 2 食物

 3 繁殖

 4 カバー

 5 水

 6 行動圏

2.ハビタット適性指数モデルの構築

 1 方法 

 2 結果 

  (a) ハビタット変数候補

  (b) 八王子市における第1期の食物条件

  (c) 八王子市における第2期の食物条件 

  (d) 山梨県における食物条件 

  (e) 繁殖条件 

  (f) 生存必須条件(繁殖SIおよび食物SI)の統合式 

  (g) HSIの統合式 

 3 考察および今後の課題  

3.ハビタット適性指数モデル

 1 モデルの適用範囲 

  (a) 地理的範囲

  (b) 季節 

  (c) 最小ハビタット面積 

 2 モデルの構造およびハビタット変数の定義 

 3 適性指数グラフ(SIカーブ)

 4 HSI算出のための統合式

 5 推奨されるハビタット変数の測定方法

4.謝辞

5.引用文献 

6.利用規約および利用申請書 

  

■モデルの適用範囲■

  (a)地理的範囲

本モデルは、多摩森林科学園(標高170〜265m, 東京都八王子市)および山梨県富士河口湖町(標高 1,050m)と山梨県都留市(標高512〜846m)における研究データに基づいて作成された。このため、本モデルの適用範囲としては、主に関東から中部地方にかけての丘陵から低山地域が推奨される。

  (b)季節

本モデルは、ニホンリスの周年を通じたハビタット要求を評価するものである。

  (c)最小ハビタット面積

メスの最小行動圏面積は4.3haであるため、少なくとも、リスが行動圏として移動可能な樹林の合計が5haに満たなければ、リスにとってのハビタット適 性はない(HSI=0)ものとする。ただし、より、長期的にみると、5 h a程度ではリスの個体群が存続できる可能性が低いため、本モデルは、大規模森林(八王子市における高尾山塊のような)からリスが分散可能な位置にあるとみなせる樹林を対象として適用する。