(財)日本生態系協会 編集・発行

1.ハビタット利用に関する既存文献情報

 1 概要

 2 食物

 3 水

 4 繁殖

 5 カバー

 6 行動圏

2.ハビタット適性指数モデルの構築

 1 方法

  (a) ハビタット変数候補の定義

  (b) ハビタット変数の選択 

  (c) HSI結合式の選択 

 2 結果 

  (a) ハビタット変数の選択

  (b) ハンノキ林縁部5m帯面積(m2)のSI関数 

  (c) 周辺150m広葉樹林林縁部面積割合(%)のSI関数 

  (d) 生存必須条件(繁殖SIおよび食物SI)の統合式 

  (e) HSIの統合式 

 3 考察および今後の課題  

3.ハビタット適性指数モデル

 1 モデルの適用範囲 

  (a) 地理的範囲

  (b) 季節 

  (c) 最小ハビタット面積 

 2 モデルの構造

 3 適性指数グラフ

 4 HSI算出のための統合式

4.謝辞

5.引用文献 

  

■モデルの適用範囲■

  (a)地理的範囲

本モデルは、埼玉県平野部の荒川本川(埼玉県生態系保護協会 2001;2002;2003;2004)における調査データに基づいて作成した。そのため、本モデルの適用範囲としては、主に関東地方の平野部が推奨される。

  (b)季節

本モデルは、ミドリシジミの通年のハビタット適性を評価するものとする。

  (c)最小ハビタット面積

メミドリシジミの最小ハビタット面積に関する情報が記載された文献はない。このため、最小ハビタット面積は設定しないものとする。