日本生態系協会

日本語English

トップページ > 協会の活動 > 国際フォーラム

 

チラシ

2007国際フォーラムチラシ画像


画像をクリックするとダウンロードが可能です。

(PDFファイル:3.53MB)

国際フォーラム

毎年、国内や海外からゲストを招いて、先進的な取り組みを紹介するフォーラムを開催しています。




こちらのフォーラムは終了しました。

 都市公園や緑地は、国民が身近に楽しめる多様なレクリエーションや自然とのふれあいの場、都市や地域の防災性の向上、地球温暖化の防止など、かけがえのない多くの機能を発揮している国民共有の財産です。また、都市公園や緑地は、地域の自然環境を保全・再生し、将来世代の財産となる生物資源を保全する機能を有しており、生物多様性を確保する上で重要な役割を持ちます。

 本フォーラムは、国内外の先進事例や取り組みを紹介し、都市域で生物多様性を確保する拠点となる都市公園や緑地の価値および重要性について広く知る機会を提供することで、自然と共存した持続する日本の国づくり・まちづくりの構築に貢献することを目的として開催します。




  フォーラム講演録のダウンロード (11.2 MB)
   ※右の画像をクリックしても一括ダウンロードができます。

■日時

平成19年10月17日(水) 13:00−16:30

■場所

大宮ソニックシティ小ホール(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5)

■定員

400名

■参加費

無料 ※参加には事前申込が必要です

■日時

平成19年10月18日(木) 9:00−15:30

■場所

北本自然観察公園とその周辺地域

■定員

50名

■参加費

有料(保険代、バス代、飲食代) ※参加には事前申込が必要です

■プログラム  ※外国語での講演には日本語の逐次通訳が付きます

開 会 13:00

 基調講演 「おもしろい公園 いきたい公園 ―かわって行く世界―

        池谷奉文 (財)日本生態系協会会長

 講演1  「シュツットガルト市の都市公園ネットワークの取り組み」

        デトレフ・クロン シュツットガルト市都市計画・都市再生局局長

 講演2  「公園緑地の総合的な施策の展開」  

        小川陽一 国土交通省 大臣官房審議官(都市生活環境担当)

 講演3  「生物多様性時代の公園緑地」

        亀山 章 東京農工大学教授

閉 会 16:30

■お問い合わせ

(財)埼玉県生態系保護協会 国際フォーラム係
〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-103-1 YKビル5F
tel.048-645-0570 fax.048-647-1500

●主 催 (財)日本生態系協会、(財)埼玉県生態系保護協会
●後 援 国土交通省、環境省、埼玉県、(社)日本造園学会、日本ビオトープ管理士会
●後 援 国土交通省、環境省、埼玉県、(社)日本造園学会、日本ビオトープ管理士会
●本フォーラムの一部は「財団法人 サイサン環境保全基金」の助成金により運営しています。
●本フォーラムは、造園CPD制度の認定プログラムです。

Copyright(C)2011 Ecosystem Conservation Society-Japan All Rights Reserved