日本生態系協会

日本語English

トップページ > 協会の活動 > シンポジウム

 

チラシ

画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

シンポジウム in 長沼町


−長沼町 舞鶴遊水地で考える−
『タンチョウが舞う千歳川流域の地域づくり』


千歳川流域4市2町で治水対策のため整備が進む遊水地のうち、北海道夕張郡長沼町の舞鶴遊水地が今年度
完成予定です。
町名の由来通り、かつては大小の沼が広がっていたこの地には、多くの鶴が生息していた記録があります。
そこで、遊水地をきっかけにタンチョウが舞う風景を取り戻そうと、住民有志で「舞鶴遊水地にタンチョウ
を呼び戻す会」を設立しました。
タンチョウは、地域の魅力になり自然の豊かさや農業の安心・安全の指標でもあります。
遊水地をきっかけとしたタンチョウと共生するまちづくりが、長沼町、更には流域へと広がっていくよう、
多くの皆様と共に考える機会として本シンポジウムを開催します。




申込方法

 ※長沼町在住の方はお申し込み不要です。

11月9日(日)のシンポジウムにご参加希望の旨を記し、下の@〜Eの情報をEメール、FAX、または郵便にて、協会内「長沼町シンポジウム係」宛にお送りください。

@氏名(ふりがな)
A所属機関/会社名・部課名・役職等
B住所/勤務先・自宅
C電話
DFAX
EEメール

※個人情報は当協会のプライバシーポリシーに従って取り扱います。


■Eメールでの申込はこちら


問合せ

(公財)日本生態系協会 長沼町シンポジウム係
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20音羽ビル
TEL:03-5951-0244  FAX:03-5951-2974
Eメール:naganuma2014@ecosys.or.jp

地球環境基金バナー

本シンポジウムは平成26年度の地球環境基金の助成金を受けて開催します。



Copyright(C)2011 Ecosystem Conservation Society-Japan All Rights Reserved